預け先でこれだけ違う!?車検の方法3選!

自動車販売店の車検を利用する

多くの方の車検の預け先として、自動車販売店があげられます。自動車販売店にはしっかりとした工場が設置されています。ですから自動車販売店に車検を依頼すると、基本的には法定点検を施してくれ、また車検の検査基準に合格するように整備をきっちりと行ってくれます。その際に消耗部品は交換しますので、整備費用は割りと高額になります。自動車販売店に車検を依頼すると高額になるイメージがあるのは、しっかりとした整備がほどこされているのでその分の費用が必要だからです。

車検代行業者を利用する

車検代行業者を利用して車検を通す方法もあります。車検代行業者は、基本的に預かった自動車に対して整備は行わずに、陸運局に車検を受験しに行きます。自動車販売店の車検に比べて整備費用が不要なので、その分割安に車検を通す事が出来ます。ただ、自動車は多くの消耗部品で構成されていますので、数年に渡り何も整備しない状態は故障リスクが上がりますので注意が必要です。車検の合格基準に達していないと、もちろんその部分の整備費用は別途必要になります。

ユーザー車検を利用する

車検は何も自動車業者に依頼しなくても、陸運局に出向き自分で車検を通す方法があります。それがユーザー車検と呼ばれる制度です。ユーザー車検は、一般の個人でも簡単に車検が受けられるように仕組みが整えられていますので、自動車に何の知識を持っていなくても受験は可能です。自動車が車検の合格基準に達していれば、もちろん車検は合格できますので、最低限の費用で車検を通す事が可能です。ただ、車検の合格基準に達していない場合は、自分で整備する必要もありますので、ある程度の自動車に対する知識が必要だと言えます。

今までの車検といえば、ディーラー・車修理工場がメインでしたが、最近はカーショップやガソリンスタンドでも受けられます。